リビングの散らかりをさっと片付ける方法

片付けてもスグにごちゃつくリビング。不思議に思ったことはありませんか?リビングの片づけテクニックを、チェックポイントを取り入れながらまとめてみました。



サイトトップ > チェックポイント4:統一感のあるカラー、色遣い

スポンサードリンク

リビングの散らかりをさっと片付ける方法

チェックポイント4:統一感のあるカラー、色遣い


チェックポイント3でも書きましたが、色が溢れていると全体に落ち着かず、まとまりのないお部屋の印象になります。白やグレーなど、他の色を引き立てる無彩色をベースカラーに使って、赤や青などの有彩色でアクセントをつけると個性を演出する事ができます。


統一感を持たせるには、有彩色を2色までとし有彩色の占める割合をリビング全体の2割までとします。さらに上級テクニックとして利用したいのが「カラーセラピー」。(色に溢れてしまうと、まとまりのない印象になったり、落ち着かない雰囲気になったりしてしまうのは、色にはひとつひとつにイメージや印象があります。その色がぶつかり合うことで、そのような悪影響を及ぼしているのです。)


家族やお客様が集まるリビングには、コミュニケーションカラーの「オレンジ」がオススメです。人との関係を円滑にして、楽しく明るい雰囲気にします。


また、「グリーン」のカラーセラピーを採り入れれば、癒しや協調性とともに、緊張感を解きほぐしてくれます。幸福を連想させる「ピンク」は、ギクシャクしてしまった人間関係を優しく包んでくれる色です。


人に優しくなれる、幸せ感いっぱいのカラーといえますね。このような、カラーをソファーやイスなどに使ったり、クッションやテーブルクロス・小物で演出するカラーセラピーをオススメします。


リビングの散らかりをさっと片付ける方法

MENU



スポンサードリンク