リビングの散らかりをさっと片付ける方法

片付けてもスグにごちゃつくリビング。不思議に思ったことはありませんか?リビングの片づけテクニックを、チェックポイントを取り入れながらまとめてみました。



サイトトップ > チェックポイント2:イス・ソファーの上、床

スポンサードリンク

リビングの散らかりをさっと片付ける方法

チェックポイント2:イス・ソファーの上、床


片づいてないお部屋で、イスやソファーの上に、脱いだままの洋服や洗濯して取り込んだままの衣類が山積みにされているのをよく見みかけます。テーブル周りの次に目につく部分です。


平面が片づいているときれい度がUPするので続いてここを片づけます。衣類は本来の定位置であるクローゼットやタンスに返します。ただ、ここで気になるポイントですが、定位置があるにも関わらず出しっぱなしになっているのかどうかということです。


定位置がないから「とりあえず・・・」が大きな原因となっているはずです。そこで脱いだ洋服の定位置作りをしてください。まだ洗うほどでもない洋服は、イスにポンと掛けたり置いてしまいがち。洗ってある洗濯物(たたんだままのもの)であれば、定位置はあるかと思いますが、意外と出しっぱなしにしてしまうのは脱いだ洋服の方です。


脱いだ服をタンスやクローゼットにすぐには、しまいたくありませんよね。そこで、クローゼットのそばなどに、ハンガーを掛ける場所を作って脱いだらすぐにハンガーに掛けるようにしましょう。ご家族の場合は、パイプハンガーを利用して、コートや脱いだ服を掛けるとイスやソファーに置かなくなるはずです。


そして、片づいていないお家の共通点は、リビングの床に家族の持ち物が散乱しています。子どものおもちゃやバック類・洋服。スーパーのビニール袋に入った、中身不明のモノまでところ狭しと置かれています。床が、片づいていて、ピカピカに磨かれていたらきれい度満点に見えますよ!


リビングの散らかりをさっと片付ける方法

MENU



スポンサードリンク