リビングの散らかりをさっと片付ける方法

片付けてもスグにごちゃつくリビング。不思議に思ったことはありませんか?リビングの片づけテクニックを、チェックポイントを取り入れながらまとめてみました。



サイトトップ > チェックポイント1:ダイニングテーブルの上、まわり

スポンサードリンク

リビングの散らかりをさっと片付ける方法

チェックポイント1:ダイニングテーブルの上、まわり


ここは、様々なモノが置かれています。家族が集うリビングの中でも1,2を争うゴチャつきスペースです。ですが、逆に言えばテーブルやイス・ソファーなどの平面の上が片付いているときれい度がUPします。


では早速。テーブルの上のモノをカテゴリー別に選別します。基本的に、テーブルの上は"必要最小限のモノ"。TVのリモコンなどしか置きません。リモコン類は、カゴに入れて一まとめにします。こうすることで、まとまりが出てゴチャつきが軽減されます。


次に書類やDM類は、その都度、要る・要らないと選別できれば、テーブルの上がゴチャゴチャにならないのですが、その都度、出来ない人の方が多いです。


そこで、ファイルBOXなどを用意し、「取り敢えずBOX」を作ります。分類できていない書類・DM類を"取り敢えず"入れて置く場所です。


当然そのままにしておくわけではなく、時間がある時にチェックをして、要らないものは捨てます。容量に限りがありますから、放置し過ぎれば入りきらなくなるので、最低限度のところで必然的にチェックすることに繋がります。


ただし、ここで注意すべきは「取り敢えずBOX」は、テーブルの上には置きません。テーブルの近くの棚など見た目もイイ場所に置くと良いでしょう。


また、テーブルを壁につけて置くとモノが落ちないのでモノを積み上げやすく、物置になるのが早いでくなりがちです。壁づけでのセッティングや避けて◎です!


リビングの散らかりをさっと片付ける方法

MENU



スポンサードリンク